~果てしなき空へ~ ちょっとおかしな男の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父「明日から毎日通いなさい」

ついさきほど車校に行くことが決定したやむうちです
もう今からかなり緊張してるわけなんですけれども・・・
うわーうまくできんのかね
友達から聞く話ではエンスト率がやばいとか・・・
ねぅおー俺絶対焦って何かやらかしちゃう人だからなぁ
だれかアドバイスぷりーず
つか初めは初心者講座的なのあるのかな?(標識とか交通ルールとか覚えるそういうの)


そろそろ溜まってきた読んだ本の感想でも書きますかね
あ、今更なんですが感想ですのでかなりテキトウです、はい
それでもよろしかったらどうぞ
追記に続く


~コメへん~
ふるほこさん
ひどいですよねー、マスコミの影響もあるでしょうね
でも着々と広まりつつあるという悲しい現実があるんですよね・・・

僕と彼女とギャルゲーな戦い (メディアワークス文庫)僕と彼女とギャルゲーな戦い (メディアワークス文庫)
(2010/11/25)
西村 悠

商品詳細を見る

小説家になりたかったが一冊ヒットして売り上げは右肩さがりに
就職も困難で困り果てていたとこに高校時代の先輩が現れ・・・
うーん、恋愛小説化と思ったらそうでもなかったっていう
内容はいいともうんだけどいまいちだったなぁー




[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
(2009/12/16)
野崎 まど

商品詳細を見る

自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。
その映画は天才と噂されるつかみどころのない性格の女性、最原最早の監督作品だった。
最初はその天才という呼び名に半信半疑だったものの、二見は彼女のコンテを読み始めた直後にその魅力にとりつかれ、なんと二日以上もの間読み続けてしまう。
彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が二見を撮影へのめりこませていく。そしてついに映画は完成するのだが―。第16回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。
いやーびっくりでしたね、単なるミステリーものかと思ったらホラー要素もあるとわ
期待を裏切られたってな感じですね、いい意味で



不思議系上司の攻略法 (メディアワークス文庫)不思議系上司の攻略法 (メディアワークス文庫)
(2010/11/25)
水沢 あきと

商品詳細を見る

梶原健二はしがないSE。その日も土曜日にも関わらず取引先に呼び出されていた。
仕事が一段落した後、連れて行かれたのはよりによってメイド喫茶。しかし、健二はそこで「カヨ」と呼ばれるメイドと出会い、その献身さに一時の癒しを得たのだった…。
そして月曜日。グループ企業から派遣された年下の女性が健二たちのチームの上長として着任。露骨に煙たがる同僚たちをよそに、健二はまったく別の衝撃を受けていた。その女性はメイドの「カヨ」に良く似ていて…!?
なにこのギャップ萌え、ただその一言につきるね、うん



舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)舞面真面とお面の女 (メディアワークス文庫)
(2010/04/24)
野崎 まど

商品詳細を見る

工学部の大学院生・舞面真面は、ある年の暮れに叔父の影面からの呼び出しを受け、山中の邸宅に赴く。
そこで頼まれたこととは、真面の曽祖父であり、財閥の長だった男、舞面被面が残した遺言の解明だった。
従姉妹の水面とともに謎に挑んでいく真面だったが、不思議な面をつけた少女が現われたことによって調査は思わぬ方向に進み...。
いやはやこれまたよくできたミステリーですなぁ、今回は謎解き要素があって良かったですな



死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)
(2010/10/23)
野崎 まど

商品詳細を見る

「永遠の命を持った生徒がいるらしいんですよ」生物教師・伊藤が着任した女子校「私立藤凰学院」にはそんな噂があった。話半分に聞いていた伊藤だったが、後日学校にて、ある女生徒から声をかけられる。
自分がその「死なない生徒」だと言ってはばからない彼女だったが、程なく彼女は何者かの手によって殺害されてしまう―。
果たして「不死」の意味とは?そして犯人の目的は!?第16回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞者・野崎まどが放つ、独創的ミステリ。
最後に裏切られたわー、ってかあれはどういうことなんだろうか・・・
未だによくわかんないなぁ・・・でもこれもいいストーリーでした



めたもる。 (メディアワークス文庫)めたもる。 (メディアワークス文庫)
(2010/11/25)
日比生 典成

商品詳細を見る

たとえば、すれ違いばかりの彼と彼女がいたとする。本当にちょっとしたボタンのかけ違い、ささいなことだ。
でも、きっかけがなくて―。そんな時、彼/彼女はふと善行をする。弱っている猫にエサをあげたりといった些細なことだ。
だが、枕元に神様が立って、何にでもなれるお札をくれるという。え?そんなおとぎ話を信じられない?
いやいや、嘘じゃない。実際彼らはお札を手に入れ、それがきっかけとなり二人の関係は変わっていくのだ。
大人のメルヘン。書き下ろし。
心があったまる話・・・いやーミステリー物連ちゃんで読んでたからかなり心に染みました
俺にもそのお札を下さいな!!



カフェかもめ亭 (ポプラ文庫ピュアフル)カフェかもめ亭 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2011/01/06)
村山早紀

商品詳細を見る

ようこそ、私のお店へ。とっておきのお茶とともに、不思議なお話などいかがでしょう―あじさいの咲く屋敷で少年が過ごした白昼夢のような時間(「万華鏡の庭」)、学校に行けなくなった少女が晩秋に出会った、「猫の国」の王子様(「ねこしまさんのお話」)など珠玉の八作品を集めた連作短編集。好評シリーズ『コンビニたそがれ堂』の姉妹編。風早の街のカフェの物語、書き下ろし中編を加えて、待望の文庫化。
続けて心があったまるお話、かなりよかったよー
コンビにたそがれ堂も買わなきゃ!!



スコーレNo.4 (光文社文庫)スコーレNo.4 (光文社文庫)
(2009/11/10)
宮下 奈都

商品詳細を見る

自由奔放な妹・七葉に比べて自分は平凡だと思っている女の子・津川麻子。
そんな彼女も、中学、高校、大学、就職を通して4つのスコーレ(学校)と出会い、少女から女性へと変わっていく。そして、彼女が遅まきながらやっと気づいた自分のいちばん大切なものとは...。
ひとりの女性が悩み苦しみながらも成長する姿を淡く切なく美しく描きあげた傑作。
twitter発ベストセラー、本屋さん秘密結社という組織が持ち上げたことで有名ですね
これ書店で見つけた時にそのtwitterのやりとりが載ってたフリーペーパーがあって
見てみたらなにこれすごいと言わざるを得なかったですね、本屋さん秘密結社恐るべし
じっくり読める本でした、すごく味わい深くて
社会人になったらもう一回読みたいですね
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。